よくない寝汗のいろいろ

運動して汗をかくのは気持ちよく健康的なことですが、寝汗の
場合はそれはほとんどよくないものとされています。ここでは
まとめとして、よくない寝汗をまとめますので、参考になさって
ください。

1 心身の疲労(心血虚)によるものの場合は寝入っても気持ち
  が落ち着かないために、体液がやたらと体内を移動します。
  これが、汗として体外にでるのですが、このときの特徴は、
  動悸が激しく、眠りが浅くなりますし、顔に艶がなくなり、
  疲労感も強いですね。

2 体液不足の場合とは、主に痩せ型で疲労が重なっている場合、
  せきなどの慢性疾患で体力を消耗している場合、女性の更年期
  症状としてなど、体にとってラジエーターの役目をする体液が
  不足した場合、体温が下がりにくくなって、体液が体外に押し
  出される状態です。特徴は、寝汗の他に、ほてり感、頬の紅潮、
  手足の裏のほてり、月経不順、夢精なども起きやすくなります。

3 飲食を不摂生にしている場合、とくに、生もの、冷たいもの、
  脂っこいもの、甘いのもなどの食べ過ぎ、アルコールの飲みすぎ、
  食事時間、量が不摂生の場合に起こります。銀杏が弱っている
  ため、代謝が悪く、体内のさまざまな流れが阻害されるからです。
  手足がだるい、頭が痛い、口が粘るなどの症状が重なります。

4 生理時や気候変動が原因の場合、微熱が出る、風邪を引きやすい
  などで寝汗も多くなります。体が一生懸命体温調節をするのに、
  それがスムーズに行えないため、汗が出やすくなるのですね。
  寝汗と同時にお棺を伴い、わきの下が張っている、口が苦いなど、
  さまざまな症状が出ます。

以上のように、体をチェックすることで寝汗の原因を探リ正しい
治療を施せることを願っています。

→寝汗がひどい方は不眠症ではありませんか?不眠症と寝汗を改善させる方法!


当サイト人気コンテンツ

★ 精神状態との関係
★ 赤ちゃんの場合
★ 健康な人の寝汗とは
★ 花粉症との関係
★ よくない事例の色々



Copyright (C) 2007-2013 寝汗@解説NAVI All Rights Reserved.